■美しい髪を創るために...食生活(からだの中からきれいに)と頭皮の血行促進(栄養を運ぶ血流)について。

きれいな美しい髪を創るには、食事のバランスとその栄養を運ぶ頭皮の血行を良くする事が必要です。これから生えてくる毛髪は血液から栄養をもらい、頭皮というベットの中で成長します。
ですから栄養不足になると、毛髪をつくる材料が不足し結果「つやがない、細くなる、コシや弾力がない、脱毛」という現象があらわれます。
食物を消化する際につくられるアミノ酸が毛髪の主原料であるため、タンパク質(肉、魚、大豆など)、ミネラル(海藻類など)、ビタミン(B群、A、E)を日頃からバランスよくとることが大事です。

 

<髪によい食品>

主成分/アミノ酸・・・大豆、納豆、凍り豆腐、レバー、ささみ、牛乳、卵

タンパク質代謝/ビタミンB6・・・まぐろ、さんま、さけ、いわし、さば

細胞の再生/ビタミンB2・・・レバー、うなぎ、さば、かれい

頭皮の健康維持/ビタミンA・・・緑黄色野菜、うなぎ、レバー、卵、牛乳

血管拡張/ビタミンC・・・柑橘類

血行促進/ビタミンE・・・黒ごま、ヘーゼルナッツ、落花生、かぼちゃ

細胞分裂活性化/ミネラル・・・魚介類(かき、しゃこ、えび、うなぎ、ほたて、まぐろなど)、わかめ、昆布、海苔、オクラ、なめこ、山芋

 

 

<頭の経穴(つぼ)、筋肉、血流> 
経穴(つぼ)・・・東洋医学では体内のエネルギーが循環する道筋のことを経路といい、体に異常があった場合、その箇所とつながる経路にシグナルが出ます。その中で特に反応が強い箇所を経穴(つぼ)といいます。

ストレスの多い現代社会では自律神経のバランスが崩れやすく、毛細血管の収縮から抜け毛、薄毛、肩こり、腰痛、肌荒れ、目の疲れなどが起こります。
身体の不調部分に対応する経穴(つぼ)に適度な刺激を与えることで、自律神経のバランスを整え、収縮した毛細血管を改善しましょう。

 *つぼの位置は個人差があります。頭皮を押し微妙にへこむ箇所がつぼです。

 

筋肉・・・頭には筋肉がある部分と無い部分があり、頭頂部には筋肉が存在しないため、普段動かすことができません。さらに重力により常に下に引っ張られていて、日本人は骨格から特に頭皮が硬くなりがちです。
     また、筋肉が存在する側頭部も、疲労やストレスからくる筋肉の張りにより硬くなります。筋肉のある部分の頭皮は動かしやすく、無い部分はほとんど動かせないので、部分ごとにての動きを使い分けながら、頭皮をほぐしていきましょう。

 *筋肉のある場所/頭皮を動かすように手のひらや指の腹で円を描きながら下から上に押し上げます。↑

  筋肉の無い場所/動かない部分なので、皮膚をつまむように上に引き上げます。↑

 

血流・・・頭皮の血流は首、肩につながり、心臓へと循環しています。血流がスムーズであれば、頭皮の新陳代謝機能が活性化します。
     疲労やストレスにより収縮しやすい頭の血管付近と首、肩など頭の血流の入り口となる部分を中心に優しく刺激することで、頭皮全体の血行を促進しましょう。

 *頭(上)→首、肩を通り心臓(下)に向かって血流に沿ってマッサージを進めます。その時の指の動きは下から上に↑圧迫します。

 

 

・・・・・・・・日頃お忙しい中に、何か取り入れやれそうな事があったらぜひお試し下さい。 NARITA


SHOP INFO.

na:r hair

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-7
ITOビル1F
TEL.03-5448-1174
e-mail.
na-r@na-r.com


携帯の方はこちらから
スマートフォンの方はこちらから